5月16日月曜稽古!

62写真

師範代の職場の近くの公園です。

今日は雨だけど、とってもいいお湿り具合だね!

雨も、とても大事です(*^^*)

日曜日は鈴川道場で指導員講習会と審判講習会がありました。

指導員講習会は長岡師範代が、審判講習会は清水師範代が行いました(*^^*)

さてさて一週間の初め、最高のスタートにしたかったけど、昨日はちょっと集中力がなかったなぁ^^;

途中で師範代にカミナリ落されちゃったけど、みんなのことを憎くて落してる訳じゃないですよ(^_-)

みんな、ほとんどの人がなりたい自分に近づきたくて空手をやって、自分を変えて行きたい!と思ってるはずなのに、それに行動が伴わなければ、なりたい自分になんか近付ける訳がないし、むしろ、逆に遠ざかってしまいます。

師範がいつも言ってますが、極真空手をやってると普通の人とは比べものにならないくらいの力が付きます。だけど、その力と言うのは、良い力だけではないんです。その志や、行動に伴った力がぐんぐん大きくなります。

だから、例えば怠けることをいつも考えながら空手をしている人は、怠ける力がどんどん付いて行きます。誤魔化そうとしてる人は、誤魔化す力が、隠れて楽しようと考えている人は、そういう力がついていってしまうんです。

でも、そこそこ空手は頑張るから、体は少しずつ強くなって、変な自信がついちゃう。

その結果、弱い人間には威張ったり意地悪するんだけど、強い人間には弱い。師範曰く、そういう人を蛮勇と言うらしいですよ^^;

だけど、逆に、あーなりたい!こうなりたい!こういう人間になりたい!と強く思い稽古すればする程、そういうものに近づいて行く力があるんです(*^^*)

それも、知らず知らずの内に付いてきます(*^^*)

空手の技を習うにあたって、思いや気持ち、そして考えはとても大事なんです。そして、それに伴う行動がとても大事です(*^^*)

だから、空手の稽古を通じて、技はもちろん、心をしっかり磨いていかなくてはなりません(^_-)

師範代や支部長のみなさんも、田畑師範に口酸っぱく言われていることです。

師範代も、まだまだ未熟です。だから未熟者同志、上を目指して一緒に歩んで行こう!

改良!改良!

次回の稽古もがんばりましょ!!